建設業許可・経営事項審査

​建設業とは、元請け・下請けその他いかなる名義をもってするかを問わず、建設工事の完成を請け負う営業をいいます。ここでいう「請負」とは、雇用、委任、建売住宅の建設工事とは、基本的に異なる考え方をとっています。営業の種類によっては、各種の許認可や届出が必要な場合もあります。許認可には、法定の要件を満たす必要がありますし、添付書類の作成が煩雑な場合もあります。私たちには豊富な経験に基づいたアドバイスが可能です。